顔のセルライトについて

セルライトは、ふくらはぎや太もも、二の腕などの脂肪の多い部分に出来やすいと思っている方も多いと思いますが、顔にも当然脂肪はあるので、セルライトが出来てしまう危険性があります。

 

特に顎から首にかけては、特に出来やすいと言われています。
私にも経験があるのですが、なんだか顔が浮腫んでいるなという時があると思います。

 

浮腫は血液の循環が良くないことが原因ですが、セルライトもそういった場所につきやすいので、顔が浮腫んでいる=セルライトケアのサインと思っても良いのではないかと思います。
顔のセルライトケアですが、太ももやふくらはぎに比べてケアしやすく、また効果もケアを続けていればわりと早く出るようです。
顔もまた、太ももやふくらはぎと同じように、マッサージや運動でケアしていくことが良いとされています。

 

具体的なマッサージ方法は、
1、ゆるく拳を作って顔全体をぐるぐるとほぐす
2、親指と人差し指を使って顔のラインをつまむようにマッサージする
3、指を4本使い、頬のマッサージをする4、指で顎の先~耳の下~首筋~鎖骨まで、リンパを流すようになぞっていく
というものがあります。

 

また、化粧水やマッサージクリームを手にとり、顔全体になじませてから、両方の手の平を使い、顎~頬~耳の下までを下から上へと持ち上げるようにマッサージします。
耳の下まで行ったら、首筋を通り鎖骨までマッサージをします。
あまり力は入れず、気持ちいいなと感じるくらいの強さで行うのが良いと思います。

 

顔の運動としては、「あいうえお運動」というものがあります。
口を大きくあけて、あいうえおとはっきり動かします。
普段使わない顔の筋肉が鍛えられ、血液の循環も良くなると言われています。

 

また、固い物を食べることも筋力アップにつながるのではないかと思います。

 

すっきり整った小顔になるためにも、顔のセルライトケアは毎日欠かせないものだと思うので、習慣にしてくのが良いのではないかと思います。